内容証明の書き方

内容証明の書き方

早速、行動開始です。

 

ともかく請求書を送らなければ!!

 

 

内容証明の準備をします。このとき初めて内容証明の書き方を知りました。

 

内容証明用の用紙を使ったほうがいいのか?文字数は決まっているのか?

 

恥ずかしい話ですが、内容よりも書き方を調べるところからはじめました。

 

内容証明の書き方

 

ちょっと話はずれますが、せっかくなので内容証明の書き方を少し説明しますね。

 

まず用紙は何でもOKです。市販の便箋でも、原稿用紙でもかまいません。

 

専用の用紙が文具店で売られていますが、今はパソコンで作成するほうが主流のようです。

 

用紙の大きさにも決まりはありません。A4サイズが使い勝手が良いので多いようです。

 

同様に封筒も何でもOKです。ただし、封筒の大きさによっては郵便代が高くなります。

 

 

次に書き方。ボールペンでも万年筆でも、もちろん手書きでなくてもOKです。

 

そして横書きでも縦書きでもOKです。

 

 

そしてここからがポイント!1枚の用紙に書ける文字数が520字以内と決まっています。

 

また、1行に入れる文字数や1枚に入れる行数が決まっています。

 

他にも、使える文字、間違えた場合の訂正方法などが決まっています。

 

ちょっと面倒に感じてきましたよね。

 

 

大丈夫です(笑)。これらの問題を全てクリアしてるサンプル書面がインターネット上に

 

たくさんあります。それを使って、名前や日付、金額の部分だけ入力すればよいのです。

 

 

やっと話は戻りますが(笑)、初めての内容証明を作り、貸金業者に何とか送ったのです。

 

やっぱり郵送した後のほうが緊張しますね。

 

間違えてなかったかな、ちゃんと届いているかな、相手はどう対応してくるかな・・・

 

そんな緊張のなか、到着後1週間くらいしたころに貸金業者から連絡がありました。

  

トップ 過払い金のしくみ 準備 依頼 請求の流れ 体験談 相談窓口 Q&A