消費者金融の取引履歴は入念に確認しよう

消費者金融の取引履歴は入念に確認しよう

過払い請求の方法を調べた結果、まずは「取引履歴」が必要だと思い、

 

完済してるA社とC社から取引履歴を取り寄せることにしました。

 

返済中の会社から取り寄せなかったのは、何となく係わりたく無かったからです(笑)。

 

 

まずはA社。大手金融会社だけあって、電話をすると生年月日などの本人確認だけで

 

簡単に取り寄せることが出来ました。電話をするときは緊張しましたが、

 

あっさりと終わってしまいました。

 

 

それから数週間後、郵便で取引履歴が届きました。確か、書留で届いたと思います。

 

さすがに何年も取引をしていただけに、A4用紙に10枚近くになっています。

 

借りた日付、返済した日付、残金などが詳しく書いてあり、ある意味アルバムを

 

見ているような気持ちになりました(笑)。

 

 

次にC社。A社の経験であっさり取引履歴が取り寄せられるとわかったので、

 

こちらも電話して郵便で送ってもらうことに。

 

数週間後、普通郵便で届きました。こちらは取引が短かっただけに、A4用紙1枚。

 

 

ここで大変なことに気づくのです!!

 

「足りない!!」

 

この会社には、一度完済し、その一年後再度借入をしていました。

 

その再度借入をした分の取引履歴が無かったのです!

 

きちんと電話で「完済した分も含めて、これまでの過去の取引の全てをください。」と

 

伝えたのに!!

 

 

慌ててC社に電話しました。するとオペレーターから担当者に電話が回りました。

 

私「取引履歴が足りないんですけど。私は、完済後にもう一度借りましたけど。」

 

担当者「そうですか。最初に電話をいただいたときに言っていただければ

 

出しましたけど。」

 

私「言ってますけど。『全て出してください!』と。」

 

担当者「はいはい。改めて送ります。」

 

 

言うまでもなく、私は怒りに震えていました(笑)!

 

 

このように、全ての取引履歴を開示しないという金融会社もあります。

 

過去の取引を日付や金額など、全て覚えている人は少ないと思いますが、

 

取引履歴が届いたら、必ずじっくりと読んでくださいね!

  

トップ 過払い金のしくみ 準備 依頼 請求の流れ 体験談 相談窓口 Q&A