貸金業者と交渉する

④貸金業者と交渉する

過払い返還請求を送ったら、多くの場合、貸金業者から連絡があります。

 

貸金業者によって対応は異なりますが、和解案を出されることもあるようです。

 

もちろん、和解に応じるかどうかは、本人次第としか言えません(笑)。

 

 

返還請求を送ったのに提示した期日を過ぎても音沙汰がないときは、

 

裁判で争うことになります。

 

裁判と聞くと「私には無理!」と思うでしょうが、過払い請求の裁判は

 

驚くほど簡単で、弁護士などの代理人なしでも出来るほど、あっさりしています。

 

テレビドラマのようなイメージの裁判を思い浮かべていると思いますが、

 

全く違います(笑)。

 

時間があれば、過払い請求の裁判傍聴に一度行くのも良いでしょう。

 

 

また最近では、代理人をたてずに自分で過払い請求をした場合、

 

相手にもしてくれないということが増えているようです。

 

貸金業者としては、法律の専門家以外の人と裁判をせずに和解しても、

 

法律的なことが理解できないのでトラブルになる可能性があるということのようです。

 

 

いずれにしもて、過払い請求の通知を送った後の対応によって、

 

裁判にするのか、事前に和解するのかと変わってきます。

  

トップ 過払い金のしくみ 準備 依頼 請求の流れ 体験談 相談窓口 Q&A