過払い金の返還請求をする

③過払い金の返還請求する

過払い金が発生していた場合は、貸金業者に過払い金の返還請求をします。

 

何度も言いますが、過払い金は「返してください!」と言わなければ返ってきません!

 

 

過払い金の返還請求をする場合は、過払いの金額、振込口座、振込期限などを書いて

 

配達証明付き内容証明で郵送します。

 

書面の内容は、少し法律的な言葉も入るので

 

(利息制限法の定める法定金利に従い元利計算をした・・・など)

 

インターネットや本を参考にすると良いでしょう。

 

 

また、内容証明は簡単に書くことが出来ます。

 

手書きで書いてもかまいませんが、間違えた際の訂正が面倒なので、

 

インターネットから内容証明を送ることをオススメします。

 

郵便局の電子内容証明サービスを活用しましょう。

 

 

なぜ配達証明付き内容証明を使うのか、疑問に思った方いますよね(笑)。

 

内容証明とは、いつ、誰が、誰に、どんな内容の手紙を出したのか、

 

郵便局が証明してくれるものです。

 

配達証明とは、いつ手紙が届いたのかを証明してくれるものです。

 

内容証明で内容を、配達証明で相手が手紙を受け取ったという証拠を残すのです。

 

 

例えば貸金業者に「過払い金100万円を返してください」と普通郵便を送ったら・・・

 

貸金業者は「過払い金10万円と書いてあった」と主張するかもしれません。

 

さらには「そんな手紙は届いていない」と主張するかもしれません。

 

しかし配達証明付き内容証明であれば、それは出来なくなるというわけです。

 

 

過払い金返還請求を送るときは、必ず配達証明付き内容証明を使ってくださいね!

  

トップ 過払い金のしくみ 準備 依頼 請求の流れ 体験談 相談窓口 Q&A