過払い金請求方法の基準

過払い金請求方法の基準

弁護士や司法書士に知り合いがいれば、安心して依頼することも出来ますが、

 

そんなに都合よく知り合いはいませんよね(笑)。

 

そこで、私なりにプロ選びの基準を作ってみました。参考にしてくださいね!

 

 

現在も返済中で、おそらく過払い金が1社140万円以上になっている

弁護士が良いと思います。

 

まず、弁護士に依頼することで取立や請求がとまります。精神的に楽になると思います。

 

裁判になった場合にも弁護士が代理人として対応してくれるので心配はありません。

 

 

現在も返済中で、過払い金が1社140万円以下になっている

弁護士でも司法書士(簡易裁判認定司法書士がオススメ)でも良いと思います。

 

簡易裁判認定司法書士は裁判の代理人にもなれるので、弁護士と同じ仕事をしてくれます。

 

一般的に費用が司法書士のほうが安いと言われていますが、必ず安いとは

 

言い切れないので、問い合わせをしてみることをオススメします。

 

 

現在も返済中で、過払い金が1社10万円以下になっている

プロに依頼すると、取立や請求が止まります。しかし、依頼費を支払うと

 

手元に戻ってくるお金がほとんど無いという可能性もあります。

 

自分で過払い請求をすることも検討したほうが良いでしょう。

 

 

完済しているが、金額に関わらず過払い金が発生してる

自分で過払い請求をすることをオススメします。

 

たとえ1日?2日でも絶対に平日に仕事を休めない方、

 

戻ってくる金額はさほど気にしないという方、

 

何もしたくないけど過払い金はほしいという方はプロに依頼しましょう。

  

トップ 過払い金のしくみ 準備 依頼 請求の流れ 体験談 相談窓口 Q&A