弁護士・司法書士に依頼するメリットとデメリット

弁護士・司法書士に依頼するメリットとデメリット

弁護士・司法書士のメリット

 

・金融会社からの取立てがなくなる

 

・金融会社への請求、交渉、裁判など、すべてを任せることが出来る。

 

 

弁護士・司法書士のデメリット

 

・費用がかかる

 

 

最大のメリットは、取立てがなくなることだと言えます。

 

これは法律にも定められていて、債務の処理を弁護士や司法書士に依頼(委任)すると、

 

取立てや支払い請求を本人にやってはいけないとなっているのです。

 

現在も支払いを続けている人にとっては、精神的負担が無くなりますよね。

 

 

また、過払い請求に関する全てのことをお願いできるというのも、楽ですよね。

 

取引履歴を取り寄せることからお願いできるので、極端に言えば依頼した後は

 

お金が戻ってくるのを待つだけといった形です。

 

 

一方、デメリットはやはり費用がかかるということです。

 

一般的に依頼した時に着手金(数万円)を支払い、戻ってきた過払い金の20%が

 

成功報酬となります。この費用は弁護士や司法書士によって異なっています。

 

例えば、過払い金が10万円戻ってきた場合には、成功報酬2万円、着手金2万円、

 

手元に戻ってくるのは6万円。

 

 

この金額を高いと思うか、安いと思うかはそれぞれでしょうが、金額によっては

 

成功報酬を支払ってしまうと手元にはほとんど残らないという可能性もあります。

  

トップ 過払い金のしくみ 準備 依頼 請求の流れ 体験談 相談窓口 Q&A