過払い請求は個人でできる

過払い請求は個人でできる

過払い金が発生していた場合、「返してください!」と請求しなければいけません。

 

何も言わなければ、いつまでたっても返してくれることはないでしょう。

 

 

過払い金を請求するには、取り寄せた取引履歴を使って、利息制限法に基づく

 

利息を計算しなおし、それを金融会社に請求します。

 

その請求が受け入れられなければ、裁判をして争います。

 

と、こんな風に書くと、法律に詳しくもない人が自分で請求するなんて難しいような

 

気がしますよね。利息を計算しなおすことも面倒な感じですし。

 

 

しかし、過払い請求の裁判は法律のド素人でも十分出来るんです!

 

多くのド素人が自分で計算し、自分で訴状を書き、自分で裁判所へ行って、

 

過払い金を取り戻しているんです。

 

もちろん、私も(笑)。

 

 

もちろん、司法書士や弁護士といったプロに依頼するという方法もあります。

 

プロに依頼するれば、改めて利息を計算する必要も、金融会社への請求も、

 

当然ですが、裁判の準備もしてくれます。費用はかかりますが、全てお任せできます。

 

 

自分でやるか、プロに依頼するか・・・どちらもメリット、デメリットがあるので、

 

一概にどちらが良いとは言えません。

 

 

私の体験から考えると、自分で過払い請求をしたほうが費用がかからない分、

 

お得かなとも思いますが、書類を作る手間や裁判所に行くために会社を休むことを

 

考えれば、プロに頼むという方法も良いでしょう。

 

 

どちらが良いかは、自分の取引状況などを考えて決めると良いと思いますよ。


  

トップ 過払い金のしくみ 準備 依頼 請求の流れ 体験談 相談窓口 Q&A