金利を払いすぎていませんか?

金利を払いすぎていませんか?

お金

最近、テレビCMやニュースでも取り上げられている「過払い金」。

 

聞いたことはあるけど詳しくはわからないという方も多いと思います。

 

 

ここで言う過払い金とは、消費者金融やクレジットカードでキャッシングを利用した時、

 

その返済で「払い過ぎたお金」のことです。

 

返済を「払いすぎる」とはどういう意味でしょうか?

キャッシングを利用した際、返済時には金利を含めた金額を返済します。

 

一括で返済する場合でも、分割で返済する場合でも金利はかかってきます。

 

金融会社は金利で利益を出しているんですから当然ですよね(笑)。

 

 

多くの方は、明らかに法外な高金利のキャッシング・・・

 

漫画のような「トイチ(10日で1割の金利)」なんて会社は利用してませんよね。

 

 

一般的に年利15%?29%など、各社で差はあるものの、

 

多くの貸金業者でキャッシングの金利はこの幅にあると思います。

 

そして多くの方が、この金利でキャッシングを利用してると思います。

 

 

この金利、これを払いすぎているのです!

 

 

そして素朴な疑問がうまれませんか?

 

「会社から請求された金額を払っていたのに、払いすぎ?」

 

「有名な会社だし、社会的な信用もあるのに、顧客に多く請求するかな?」

 

「たぶん法律の範囲内の金利なのに、払いすぎるなんてことあるの?」

 

 

私からはっきり言えることがあります。

 

テレビCMで有名な会社であっても、どんなに大きな会社であっても、

 

払いすぎている可能性はあります!

 

そして、そこには法律のカラクリのような、抜け穴のような、

 

私たち法律の素人にはわからなかった秘密があったのです。

 

 

それさえわかれば、過払い金のなぞは解け、取り返すこともできます。

 

早速、次のページから過払い金を詳しく解説していきますね。


  

トップ 過払い金のしくみ 準備 依頼 請求の流れ 体験談 相談窓口 Q&A