金利には2倍もの差がある

金利には2倍もの差がある

前のページで、出資法と利息制限法があるということ、上限金利には差があるということ、

 

そして多くの方は払いすぎていることを解説しました。

 

 

この金利の話をもう少し詳しく解説しますね。

 

 

まず出資法で決められた上限金利は年利29.2%となっています。

 

貸すお金が10万円でも100万円でも、10円でも1000万円でも29.2%です。

 

もちろん、これ以下であれば何%でもかまいません。

 

お金を貸すことを商売にしているのなら、これ以上の金利でお金を貸すと犯罪です。

 

借りた人が高い金利を認識していたとし、返済したとしても、犯罪です。

 

貸金業者は逮捕されます。

 

 

一方、利息制限法の上限金利は貸す金額によって3つに分かれています。

 

10万円未満・・・上限年利20%

 

10万円以上100万円未満・・・上限年率18%

 

100万円以上・・・上限年利15%

 

 

この金利の違い、知っていましたか?

 

例えば100万円借りた場合、29.2%と15%の金利の差は・・・驚きですよね。

 

約2倍も差があるなんて!!

 

返済する金額もかなり違ってくるでしょう。

 

 

では、どんな時にどちらの法律が適用されるのか、自分に適用されるのはどちらなのか、

 

コレが重要ですよね!

 

 

出資法が適用されるケースとは、「みなし返済」規定に当てはまる場合のみです。

 

「みなし返済」規定については次のページで解説しますが、かなり例外的な場合と

 

考えてよいでしょう。

 

 

では利息制限法が適用されるケース・・・ほとんどの場合です。

 

 

ということは、金融会社からキャッシングをしたときの金利は、

 

利息制限法に基づくものであるはず!極端に言えば上限20%になるはず!

 

 

しかし実際は、金融会社は出資法での上限金利で貸出をしていたんです。

 

 

過払い請求とは、利息制限法にあてはめて計算した金利で返済をし、

 

それ以上の支払いをしていた場合は取り戻すということなのです。

  

トップ 過払い金のしくみ 準備 依頼 請求の流れ 体験談 相談窓口 Q&A